2006年04月07日

GANTZ−ガンツー

友人らから「面白いよっ」と言われ、
なかなか読まずにいた漫画をやっと漫画喫茶で読んでみた。

『GANTZ』奥浩哉  現18巻まで発行されてる

奥浩哉は私達の世代では『変[HEN]』をまず思い出すはず。
恋愛を軸とした独特の不条理な世界観を持った漫画で学生のとき流行り、
佐藤藍子主演(佐藤クン役)でドラマ化された漫画。
最初読んだときはかなり衝撃的だった。

『変』以来読んでなかった奥浩哉の漫画。
久々読んだら『NANA』みたいにCG駆使してあって時代を感じさせる。

あっちゅーまに次々人が死んでいって
自分が生きるために殺しあって。
相変わらず世間一般的にはタブーとされている
内容中心(恋愛も多少あるが)で面白かった。

060406ガンツ奥浩哉.jpg

GANTZ1巻表紙


漫画喫茶で1〜18巻まで一気に読破。
まだまだ終りそうにない物語。
続きがとても気になる漫画です。

つーかこの人、ほんと巨乳好きだよな・・・


posted by DORA。 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16537877

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。