2006年01月29日

so いつの日か〜東京で夢叶え〜♪

上京組が増えてくる季節が近づいてきました。
そんな冬の晴れた今日。
tenmamaから借りている西原理恵子の「上京ものがたり」読んでみました。

サイバラ(あえてこう呼ばせてイタダキマス)は好きな漫画家の一人である。
しかし彼女のちゃんとした漫画というのは「ぼくんち」しか読んだことなかった。
彼女はサブカルといわれるジャンルで
「マージャン放浪記」やら「できるかな」「アジアパー伝(これは元夫の鴨志田氏の本)」等ドキュメントな本ばかり出しているせいか(漫画も多いんだけどね)私はそっち系のサイバラ本ばかり読んでいたのである。

なので「上京ものがたり」を読んで久しぶりにサイバラ特有の
叙情的漫画に触れることができ、しょっぱい気持ちになってしまった。

「上京ものがたり」とは。
一人の女の子が東京に上京して夜の仕事をしながら学費を稼いだり男と同棲したり他のきれいな女の子と自分を比べて落ち込んでみたり自問自答しながら美術系大学を卒業して仕事を少しずつもらって自立していく様を描いた漫画である。


私も上京組だがよくありがちな(この本の主人公もだが)
「自分にはなにかあるから東京へ」「東京に行けば自分が変われる」
という気持ちなど全く持たず一人ふらっと東京にやってきた。
「学費が安くてイラストの勉強ができてほどほど都会な場所にある学校」
で探したら東京になってしまったのだ。
家は小学高学年位のときから出たかった。家にいたくない子供だった。

サイバラのこういう漫画を読んじゃうと自分のしょっぱい部分が思い出されてむずむずしちゃうのですヨ。
これから上京しようとしてる、もしくはまだ上京して間もない女の子には
いろんな意味でいいかもしれない。

サイバラは他に余所様の本のカット(挿絵)を描いたりしている。
(先に書いた鴨志田氏の「アジアパー伝」等)
そしてそれは全く本文と関係ないカットだったり1ページ漫画だったりする。
サイバラがそうやってカットを書いてる本でお気に入りのシリーズもあるが
それは後ほど日を改めて紹介しようかと。

彼女は「左翼」だとか言われたりすることが多いようだが
(アジアの貧困について書いたりしてるかららしい。
他にもディズニーランドに子供は連れて行かない等)
私は政治的なことはよくわからないので普通に楽しく、
ときには考えさせられたりすることもあるけども
おもしろおかしく、これからも彼女の本を読む。


060129_1854~001.jpg【大嫌いだった東京に「ありがとう」】帯より

私が東京でてきたばっかの頃熟読していたのはこちら↓
060130_0008~001.jpg

氷室冴子の「冴子の東京物語」今読むと時代感じます



それとtenmamaよりナントカバトンが周ってきたのだがそれはまた明日〜(・∀・)

【今日のメニュー】
ユッキー:ペットフード・人参・ピーナッツ 体重50g
人間:朝昼夜通しで、カルボナーラ・カフェラテ・ミスドのドーナツ2個
posted by chigra at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「上京ものがたり」を初めて読んだ時、私が読むより
DORAちゃんの方が絶対興味引くんじゃないかな〜と
直感しました。
理由は明快、私は上京してないから(^-^;
西原氏は不思議な魅力のある物語を描くよね。
「ぼくんち」で私は凄く衝撃を受けたよ。
友達でもDORAちゃん以外に凄く西原氏好きな子が二人程いますが
私にとっても気になる存在です。
「できるかな」とか貸してくれてどうも有難うね!<(__)>
まだ読んでないけど楽しみにしてるんだ〜(^m^)
↑なんにつけても読むのが遅い

「イメージバトン」突然ですが宜しくお願いします。
DORAちゃんのお話、楽しみにしてるよん♪(*^^*)
Posted by tenmama at 2006年01月30日 15:40
>tenmamaさん
「上京ものがたり」は久々しょっぱかったですヨ|´・ω・)
私は実体験としてあるからよけいそうなのかもだけど、いろいろイタイんですわ(苦笑
tenmamaみたいに経験ない人や考えてる人に
読んでもらいたいかも。

そしてバトンですが愛に応えられたでしょうか?
イタすぎる過去でございます・・・・
Posted by DORA at 2006年01月30日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12476192

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。