2005年12月26日

事件。

ユッキーがおうちにやってきておよそ1ヶ月経過。
夜中の回し車の音やポリポリごはんをかじってる音にも慣れてきた私。
たまにケージの檻をガジガジ咬む音も聞こえるけどそんな音も気にしなくなっていました。

そんな慣れてきて油断した時期だからこそ起きた事件。

「ガジガジガジガジ」
ああ、またユッキー檻かじってる。まあいいや。ほっとけばあきらめて
回し車でも廻し始めるだろう・・・

そう考えながら夢うつつの真夜中。

首筋がなんだか生温かくくすぐったい感じになり
「いや〜〜ん、なぁに〜ねむいぃ〜・・・はっ!!」

も、もしや

慌てて起き上がると枕の下にユッキー・・・・

えええええええええええええええ!?

慌てて捕まえケージに戻してみるがどこから脱走したのか全く見当つかず。
だって入り口とか檻の隙間とか塞がってて出入りできる場所なんてないんだもの。

しかしよかった。私の寝てるところに来てくれたからすぐ発見(?)できたけど
玄関とか家具の隙間とか入っちゃったりしたら見つけられなかったかも(汗


※その後1月現在に至るまで脱走劇はありません。
なんだったんだ・・・今だ謎。
posted by chigra at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11659815

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。